• 2006.06.04 Sunday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ビートニク
バロウズの妻
バロウズの妻

よかったですね、うん。

ビートニクを題材にした映画(「死にたいほどの夜」等)は
結構ありますが、中でもこの作品は分かりやすく、
ビートニクの本当に断片ですが、
あのバロウズの妻射殺事件を取り上げ、
妻を主役に描いた点が秀逸でしたね。
コートニーもハマり役でしたが、アレン役が実に雰囲気で
よかったです。
リトルイタリー
ミーン・ストリート
ミーン・ストリート

言わずと知れた名作ですね。

舞台はスコセッシ監督のルーツ、リトルイタリー。
60年代や70年代のつなぎの荒い感じ、
何ともいえない終わり方。そしてストーンズ…
スコセッシ監督のあぶらの乗った、いい時代の作品。

しかし、このジャケット本当にかっこいいな〜
中毒
哀しみの街かど
哀しみの街かど

無性に哀しく、せつなくなる映画…
麻薬中毒者の哀しいまでの現実をリアルに描いています。

どこにでもいそうな楽しげな1組のカップルが
麻薬によって売春、逮捕、裏切りと
とことん堕ちていく様が淡々と映し出されていきます。

この映画が観る者にせつなさを与えるのは
何より二人の男女を描く視点に感情が感じられず、
あくまで客観的に二人を描いているからでしょう。
劇中にBGMは無く、ラストのスタッフロールも無音です。

アル・パチーノの初主演映画らしいのですが
パチーノの演技よりもこの映画ではキティ・ウィンが
刻々と中毒者の表情に変わっていく様が
本当に麻薬の恐ろしさを感じさせます。

学校なんかでも子供たちに
説得力の無い麻薬撲滅ビデオよりも
この映画を観せたらいいのにな…
フィルムノワール
ブルー・レクイエム
ブルー・レクイエム

いかにもフランス製作な映画。
そして、いかにもハリウッドがリメイクしたがりそうな
内容と描き方。

物語は現金輸送強盗に巻き込まれ息子を殺された父親が、
犯人復讐に立ち上がる話。

正直わたしはもっと激しい復讐劇を予想していたのですが
フランス映画特有の“行間を読む”ようなテンポと展開で、
個人的には少し消化不良な感じでした。
for SALE
セール

久しぶりにTOY買いました。
年度末でTOYショップもセールなのです。

全部で1万ほどでした。
中でも掘り出し物は中央の
ケナー/バットマンフォーエバー バットモービルですね。
これ、大きいうえにフィギュアのライドが可能。
しかも電池で光るんです。
いやぁ〜コレ欲しかったんです…

【詳細】
上:スパイダーマン/コミックポスター
中央:ケナー/バットマンフォーエバー バットモービル
右上:マクファーレン/Dragons3 Water Dragon Clan
右下:マクファーレン/Dragons2 Fire Dragon Clan
左下2つ:コトブキヤ/ルームガーゴイル バットマン・ロビン
フォークル
パッチギ ! スタンダード・エディション
パッチギ ! スタンダード・エディション

遅ればせながら観ました、井筒節。
評判通りよかったですね。

アドリブのようなちょっとしたセリフまわしと
何よりザ・フォーク・クルセダーズ最高でした。
そして出てくる女性は沢尻エリカをはじめ、
みんなカワイくて、ホント絶妙なキャスティングですね。
人生
バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション
バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション

かなり良かったです。
脚本が実に巧妙に考えられてますね。

ひとりの人間の人生というものが
如何に複雑に他人の人生と関わっているか。
誰もが考える“あの頃に戻れたら”
なんてことが実際に起きたらどうなるのか……

…戻れたところで現実はそんなに甘くはありません。
何か別の代償を伴うものなんですね。

人生は一度しかないって意味をつくづく痛感させられます。
ポルノスター
ワンダーランド
【ワンダーランド】です。

堕ちた元ポルノスターの麻薬と殺人事件の話。
実話に基づく話だけあって、事件の描写とかも
SEとかが効果的に使われていてリアルです。
そして、ヴァル・キルマーいいですね〜。
本当にこういう現実的なストーリーにこの人が出演するだけで、
妙にリアリティが増す感じがします。

余談ですが、パリス・ヒルトンがちょっぴり出演してます。
孤独
トニー滝谷 プレミアム・エディション
トニー滝谷 プレミアム・エディション

言わずと知れた、すごく評価の高い作品。
ようやく観ました。

個人的には好きな方ではありませんが、
心地の良い映画でした。
王道
シンデレラマン
シンデレラマン

王道という感じの感動ストーリー。
よかったですね。

ほとんどの人が展開はよめるものの、
観てる側もそれを期待して観ている分、
観終わったときに安心できます。
ラッセル・クロウレネ・ゼルヴェガーともに地味な感じが
実話をよりリアルに感じさせてくれます。
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
LINK
RECOMMEND
風味堂(初回限定盤)
風味堂(初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
風味堂,渡和久,森俊之
以前から気になっていたのですが、最近聴いてハマリました。
RECOMMEND
hana-uta
hana-uta (JUGEMレビュー »)
ハナレグミ
いい!
バタードッグの頃から好きでしたが、
ソロになってから特に癒されます。
RECOMMEND
疾走
疾走 (JUGEMレビュー »)
重松 清
深く、重く、非常に読み応えのある作品。
SABU監督はこの作品をどう映像化するのか…。
原作は超えられないんだろうなぁ。
RECOMMEND
And the Glass Handed Kites
And the Glass Handed Kites (JUGEMレビュー »)
Mew
1st「Frengers」もお勧め。聴いたらハマります。
RECOMMEND
アップル・ヴィーナス
アップル・ヴィーナス (JUGEMレビュー »)
XTC, アンディ・パートリッジ, コリン・モールディング
美しく、透き通った音楽。
透明な感覚に浸れます。
RECOMMEND
アマデウス
アマデウス (JUGEMレビュー »)

わたしが観た映画でベスト5に入る作品。
特にディレクターズカットは特典に音声解説があるので、より楽しめます。
RECOMMEND
SLEEPING WITH GHOSTS(CCCD)
SLEEPING WITH GHOSTS(CCCD) (JUGEMレビュー »)
プラシーボ
文句なく大好きです。
ジャケもいいですよね〜。
ずっと聴いてます。
RECOMMEND
DIRECTORS LABEL スペシャル・トリプル・パック (初回限定生産)
DIRECTORS LABEL スペシャル・トリプル・パック (初回限定生産) (JUGEMレビュー »)

おもしろいですよね〜。わたしはスパイク・ジョーンズしか持っていませんが、この人確実に変人です。
RECOMMEND
松本まりか写真集「きっと。」
松本まりか写真集「きっと。」 (JUGEMレビュー »)
根本 好伸
先日、偶然手に入れた写真集。全然知らなかった人ですが、内容はかなりsexy。
RECOMMEND
うつくしい子ども
うつくしい子ども (JUGEMレビュー »)
石田 衣良
これは石田作品の中でも、個人的に一番好きな作品。
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.